俯瞰!ジャニヲタ百景

【ジャニヲタ相談室!】“おやまくま”が小山くんに見える!

【お悩み】
小山市のゆるキャラ“おやまくま”がNEWSの小山慶一郎さんに見えてしかたないです。
名前が名前なので先入観があってのことだとは思いますが、顔もだいたいあんな感じなので、どこか他人とは思えません。私だけかもしれませんが、みなさんがどう感じているか気になります。


こちらは、“担当”という概念をもって好きになったのは小山くんが初めてとおっしゃるSさんからのお悩みです。
ちなみに、“おやまくま”は、こちら!

http://oyamakuma.com/

顔が“小山”の文字でできている、慶ちゃん担さんのためのようなキャラですね(*^^)

“可愛い”はひとつになる!
あなただけではありません!


誰かを、何かを好きになると、人はあらゆるものの中に“自分の好きなものの要素”を探しがち。

担当カラーがいい例で、人から見れば単なる紫でも、慶ちゃん担さんからは「あれは慶ちゃん! 慶ちゃんの色!」となります。

たとえば私はネコ(※たんと)を飼っていますが、コレが“ピカチュウ”にそっくりなのです。

“たんと”はかなりふくよかなサバトラで、ピカチュウとの共通点はフォルムが丸いことと動物であることくらいなのですが、もう私にとってピカチュウはたんとにしか見えない。
ピカチュウのポスターやらぬいぐるみやらを見かけるたび、心の中で「たんちゃんに似てる! たんちゃんに似てる!!」とバタバタやっている始末。
同様に、ちょっとでもたんととカブる可愛さのあるものは、すべて「たんちゃんに似てる!」とまとめてかかります。

くだんの“おやまくま”は、微笑む表情が小山くんに似ていますし、読みは違えど顔に「小山」の文字が書いてある。
これはもう、「小山くん!!」と思ってしまっても無理からぬところかと思います。

転じて、自担の趣味が釣りなら釣り竿に、野球やサッカーが好きならそのユニフォームやボールに、どこか彼の“気”を感じて、釣りや野球やサッカーまで、愛しく思えたりするのではないでしょうか。

いとしい気持ちを媒介にして、“可愛い”はひとつになる!
これは自然なことと思えます。

“おやまくま”が小山くんにつながり、親しみをおぼえる慶ちゃん担さんは、少なくないと思いますよ。


※たんと……最初はノラ猫だったが、積極的に私の出待ち、入り待ちをし、ついに家猫となる。名前の由来は、“担当”。家猫にするにあたり、名前が“担当”ってちょっと……と思い、よく食べる(“たんと”食べる)ところから、“たんと”に改名。3歳。



by rimpopo | 2015-08-06 14:17

★みきーるの公式ブログです。
by みきーる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧